>  > エムイーコーポレーション MAX Super Vision HID Evo.II 10000k 35W バルブ切警告灯対策専用セット 品番:236297 ミニ R61 2013年~
【送料無料】 245/45R19 19インチ SSR GTX03 8.5J 8.50-19 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】

エムイーコーポレーション MAX Super Vision HID Evo.II 10000k 35W バルブ切警告灯対策専用セット 品番:236297 ミニ R61 2013年~

ディクセル Premiumタイプ ブレーキパッド フロント フォード フォーカス 2.0 RS WF0EDD 2002年~2004年塩屋天体観測所の雑記帳です。
<< 軍師官兵衛・その10 | TOP | セミ初鳴き >>

エムイーコーポレーション MAX RACING999 Super Vision HID Evo.II 10000k 35W バルブ切警告灯対策専用セット 品番:236297 プライム ミニ R61 2013年~

R61 バルブ切警告灯対策専用セット MAX 品番:236297 10000k MAX 2013年~ Evo.II Vision エムイーコーポレーション Super 35W 品番:236297 ミニ HID

 ここ数年「スーパームーン」という言葉が広まっています。主に「視直径が大きい近地点近くの満月」を指すのに使われていて、2014年は8月11日の満月が相当します。(2016年は11月14日の満月)

 「スーパームーン」という言葉が何時頃から広まったのか、軽く調べてみました。
 Googleで「スーパームーン」をキーワードに、1年毎に区切った期間指定の検索を行い、表示された5ページ分(50記事)の中から満月にまつわる記事をカウントしました。〈1〉

 結果。
 日付が明らかな記事では、2000年から2009年は0件 APEXi N1 evolution Muffler ホンダ ステップワゴン スパーダ RF5/RF6用 (162AH036)【マフラー】アペックス N1エボリューション マフラー【通常ポイント10倍!】。
 2010年に7件、2011年に46件、以下2012年46件、2013年45件、2014年42件となりました クラッツィオ エアー シートカバー モコ(MG33S) ES-6000 / Clazzio Air。

◆国内初出は2010年か―「遠地点の満月と近地点の新月」?!
 検索した限りで初出なのが、2010年8月25日の「スーパームーン」。いずれも占星術的な扱いです キャラバン NV350 ローダウンキット/キャラバン ローダウン。
・「すみません!今日夜中!がスーパームーン☆」(2010.8.25AHN MIKAオフィシャルブログ)
・「スーパームーン」(2010.8.25トータス松本?questionブログ)※リンク切れ
・「今日から始まるスーパームーン週間♪」(2010.8.25フェアリア未紀のプチ予言)※リンク切れ

 面白いのはこれ、実は遠地点での満月です(AstroArts 2010年8月の天文現象カレンダー)。現在の主流と使い方が逆。

エムイーコーポレーション MAX Super Vision HID Evo.II 10000k 35W バルブ切警告灯対策専用セット 品番:236297 ミニ R61 2013年~,[#tong##]

マックスエンタープライズ MAX ENTERPRISE MAX-スーパービジョン マックススーパービジョン バルブ 交換バルブ 電球 交換電球 ミニ マックス エンタープライズ まっくすえんたーぷらいず automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両バルブ切警告灯対策専用セットです。10000k プラチナブルーバルブ×2p/バラスト×2p/ステー×2p/カバー×2p+α※競技用商品の詳細な情報については、メーカーサイトでご確認ください。こちらの商品は適合確認が必ず必要です。カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。


 そして上に紹介したブログの2つは、半月後の近地点での新月も「スーパームーン」としています。

 2011年9月のナショナルジオグラフィックの記事では、「月が近地点を通過するときに満月か新月だと、スーパームーンとなる」と紹介されています。
・「あす朝スーパームーン、しかし新月」(2011.9.27ナショナルジオグラフィック)

 どうやら「スーパームーン」は、より広い意味で使われていたようです。

◆2011年―「大きな満月」「最接近の満月」になる
 2011年は3月20日が近地点かつ視直径が最大の満月でしたが、この近地点は1993年以来の「最接近」でした。また近地点通過のわずか1時間前に満月になったことから、過去20年間で最も視直径が大きな満月となりました(AstroArts 2011年3月の天文現象カレンダー)。

 NASAのサイエンスニュースでもこのことを取り上げています。タイトルでは「Super Full Moon(スーパー満月)」、本文では「super "perigee moon"(スーパー「近地点の月」)」としています。
・「Super Full Moon」(2011.3.16NASA Science News)

 ニュースサイトでよく取り上げられるナショナルジオグラフィック(日本版)では「スーパームーン」としています AR-43GA 600 117 セルスター GPS内蔵 レーダー探知機 + ドライブレコーダー + OBDIIセット CELLSTAR。
・「最接近の満月、“スーパームーン”」(2011.3.22ナショナルジオグラフィック)
 
 これらがあちこちで紹介され、「スーパームーン」が「近地点の満月」「その年で最も大きく見える満月」の意味で広く使われるようになったのはこの時からと思われます。
 いつもお世話になっているふくはらさんの「星の情報.jp」をサイト内検索しても、2011年3月が「スーパームーン」の初出。先ほどのナショナルジオグラフィックのサイト内検索でも2011年が初出です。
・「[画像]スーパームーン」(2011.3.20星の情報.jp)

 冒頭で紹介したGoogleの期間指定検索の結果からしても、「スーパームーン」が国内で広く使われるのは2011年以降であることが推察されます。
 ちなみにAstroArtsの天文現象カレンダーで「スーパームーン」を併記するようになったのは2013年から(AstroArts 2012年5月の天文カレンダー/2013年6月の天文カレンダー)。この段階である程度、定着したと判断されたのかもしれません。

 ということで「スーパームーン」、国内では2011年以降に広がった言葉と考えてよさそうです。

◆もともとの「スーパームーン」の意味は「月の近地点での新月または満月」?
 もともとの「Super Moon」が英語圏でどういう意味を持ってどの程度使われていたのかも興味のあるところです BIOT スカイライン GT-R BCNR33 ブレンボ LOTUS 4Pot キャリパーキット リア 342φ。英語版のWikipediaの”Supermoon”の項目では、占星術師のRichard Nolleが1979年に言い出したこと。それによると「その年の遠地点と近地点の差の(近いほうの)90%以内に来た満月と新月をスーパームーンとする」と定義しています。(2016.11.15修正しました)

◆2014年、スーパームーンが3回やってくる!?―「近地点通過と同じ日の満月」
 先に紹介したNASAのサイエンスニュースでは、2014年は3回スーパームーンがあるとしています。
Three Supermoons in a Row(2014.7.10NASA Science News)

 もともと「スーパームーン」は定義の曖昧な言葉でしたが、NASAのサイエンスニュースでは「近地点通過と同じ日の満月」を「スーパームーン」としたようです。
 「同じ日」は24時間以内としているようで、2014年は7月・8月・9月の3回の満月がこの条件に当てはまります。この場合、必ずしも「その年で一番大きな満月」ではなくなります。
 この定義によると、先ほどの2011年も3月だけでなく、2月と4月の満月も「スーパームーン」になります。回数が増えて注目を集めるにはよいかもしれませんが、「ありがたみ」は薄れてしまう気もします。

質問2-7)「スーパームーン」ってなに?(よくある質問 国立天文台)
 国立天文台が「よくある質問」のコーナーで「スーパームーン」の解説をしています。こちらもぜひお目通し頂くとよいです。

 思いもかけずに深入りしてしまいました。ここまでおツキあいくださってありがとうございました。
(初掲:2014.7.14,追記:2016.11.14)

〈1〉と書くと簡単ですが、最近はブログ等の脇に「注目キーワード」や「タグ」が表示されるため、古い記事にも今年のスーパームーンが紛れて検索にかかってしまいます。サイトを確認して関係ない記事は除外しましたが、きちんとしたフィルタリングでないことはご承知おきください。こういう用途での期間指定の検索はノイズだらけになることは分かりました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | 雑記録
この記事へのコメント
ぶふ。
思いがけず全部読んでしまった。
なるほどねえ。
Posted by あぴ at 2014年07月19日 10:19
占星術師 Richard Nolle の定義だと、その年の遠地点と近地点の差の(近いほうの)90%以内に来た満月と新月をスーパームーンとするとしています 。(もちろん90%の科学的根拠はありません。)そしてそれをNASAが追認しています。(この定義に科学的根拠はありません。また、NASAは新月側を無視しています。)
今年2016年もこの定義で行くと、10月11月12月の3回の満月が、スーパームーンとなるそうです。
以下、NASAのScience ページより
https://science.nasa.gov/news-articles/2016-ends-with-three-supermoons
Richard Nolle のページ
http://www.astropro.com/features/articles/supermoon/
Posted by つるつる亭やかん at 2016年11月14日 21:38
つるつる亭やかんさん、いらっしゃいませ。

Richard Nolle の定義、「90%以内」の部分を読み飛ばしていました。補足ありがとうございます。
Posted by ふくだ at 2016年11月14日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

エムイーコーポレーション MAX Super Vision HID Evo.II 10000k 35W バルブ切警告灯対策専用セット 品番:236297 ミニ R61 2013年~


検索ボックス
 
リンク集
塩屋天体観測所新着
最近の記事
最近のコメント
プラネターリアム銀河座 by 銀河座 事務 鈴木 (02.15)
ソユーズ宇宙船 1/100ペーパークラフト by 名無し (01.19)
小田城(茨城県つくば市) by ふくだ (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by ふくだ (12.29)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.25)
小田城(茨城県つくば市) by かすてん (12.25)
両国界隈 by ふくだ (12.23)
両国界隈 by なかを (12.20)
星見行(11月10-11日) by ふくだ (11.17)
カテゴリ
過去ログ
{yahoojp} {stelo.sblo.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-87287